The Japan Association of Lifelong Education

諸規定

【会則】

「日本生涯教育学会」会則
1980(昭和55)年4月1日設立
(名 称)
第1条 本会は日本生涯教育学会と称する。

(目 的)
第2条 本会は生涯教育の研究とその発展,生涯教育研究者の相互の交流と協力の促進,生涯教育の研究に関する内外の学会・関係団体との交流を目的とする。

(事 業)
第3条 本会は前条の目的を達成するために必要に応じ次の事業を行う。
1 研究発表及び討議のための情報媒体を用意する。
2 会報を発行する。
3 研究会を開催する。
4 内外の学会等へ代表を派遣する。
5 その他前条の目的にかなう事業を行う。

(会 員)
第4条 本会は本会の趣旨に賛同するものをもって組織し,会員は個人会員及び法人会員とする。
第5条 個人会員の入会は,常任理事会の承認を受けなければならない。入会審査の詳細については別途定める。
第6条 法人会員の入会は,常任理事会の承認を受けなければならない。入会審査の詳細については別途定める。
第7条 退会を希望する会員は書面でその旨を申し出て,常任理事会の承認を得なければならない。

(会 費)
第8条 会員は毎年所定の会費を納めなければならない。
第9条 会費はこれを別に定める。
第10条 会員にして3年以上会費を滞納したものは除籍する。その手続きは常任理事会で行う。

(役 員)
第11条 本会に次の役員をおく。
1 会長(代表理事) 1 名
2 副会長 2 名
3 常任理事 若干名
4 理事 若干名
5 評議員 若干名
6 会計監事 2 名
7 幹事 若干名
第12条 各役員の任期は2年とし,再任を妨げない。ただし,会長,副会長については別に定める。
2 各役員の選出については別途定める。
3 前条第4号から第7号の役員については兼務できない。
第13条 会長は理事から互選する。
2 会長は本会を代表(代表理事)し,会務を総理する。
3 会長は理事会及び常任理事会を招集し,議長となる。
4 会長は評議員会を招集する。
5 会長は会員総会を招集する。
第14条 副会長は理事から互選する。
2 副会長は会長を補佐する。
3 会長に事故ある時は副会長の中1人が代行する。
第15条 理事は会員から選出する。
2 理事は理事会を構成し,会務を処理する。
3 理事会は会報で会務を報告する。
4 理事会の議決には理事の過半数を要する。
第16条 常任理事は理事から選出し,会長が委嘱する。
2 常任理事は常任理事会を構成し,会務を処理する。
3 常任理事会は理事会で会務を報告する。
4 常任理事会の議決には常任理事の過半数を要する。
第17条 評議員は会長が委嘱する。
2 評議員は評議員会を構成し,学会の運営に助言を与える。
3 評議員会は会長及び理事会の諮問に応じ,また必要があれば意見を具申する。
第18条 会計監事は会員から選出する。
2 会計監事は本会の会計を監査し,会報で報告する。
第19条 幹事は会員の中から常任理事会の承認を得て,会長が委嘱する。
2 幹事は常任理事会の事務を補佐する。
第20条 第11条にかかげる役員のほか,名誉会長及び顧問をおくことができる。
2 名誉会長は,理事会の推薦に基づき会員総会の議決を経て,会長が委嘱する。
3 顧問は理事会の推薦により会長が委嘱する。

(事務局)
第21条 本会に事務局をおき,所在地は常任理事会で決めるものとする。
2 事務執行に必要な細目は常任理事会が別にこれを定める。

(会員総会)
第22条 会員総会の議決には出席会員の過半数の賛成を要する。
ただし,この会則の変更及び本会の解散には総会出席会員の3分の2以上の賛成を得なければならない。
第23条 会員総会の構成者は当該年度までの会費を納入した会員とする。

(会 計)
第24条 本会の運営費用は原則として会員会費,寄付金,その他の収入によるものとする。
第25条 本会の会計年度は毎年4月1日より翌年3月31日までとする。

(会則の変更及び本会の解散)
第26条 この会則の変更及び本会の解散は理事会又は会員の3分の1以上の提案により会員総会の承認を得なければならない。
付 則
本会則は昭和54年11月1日より施行する。
平成元年11月25日改正
平成7年11月18日改正
平成15年11月30日改正

所在地 日 本 生 涯 教 育 学 会
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
TEL:03-5937-0062 FAX:03-3368-2822
eメール:jale-post@kokusaibunken.jp


【個人情報の取扱いについて】

日本生涯教育学会個人情報保護基本方針

2005年10月30日総会承認
日本生涯教育学会(以下、本学会)は、個人情報保護法の趣旨に基づき、次の方針により会員の個人情報を保護します。

1.本学会は、個人情報保護の重要性について、役員、事務局、会員に周知徹底を図ります。

2.本学会は、会務、事業の遂行および会員間の交流を図ることを目的として、所属、自宅住所、電話番号、履歴・業績等の個人情報を必要な範囲において収集します。

3.本学会は、収集した個人情報を、2.の目的達成のため原則として次の範囲で利用します。
(1)所属・自宅住所等の変更があった場合に、その情報を会員に提供するとき。
(2)会員名簿を作成するとき。(ただし、会員名簿は会員のみに配付することとし、第三者には提供しない。)
(3)その他、常任理事会が必要と認めたとき。

4.本学会は、次のいずれかの場合には、個人情報を利用または提供することがありますが、それ以外に第三者に提供することはありません。
(1)司法機関、行政機関から法的義務を伴う要請を受けたとき。
(2)提供者の同意があるとき。
(3)会務の処理の上で必要な範囲において、業務委託会社に個人情報を提供するとき。ただし、その場合には、業務委託会社との間で適切な契約を交わします。
(4)その他、正当な理由があり、総会で承認されたとき。

5.本学会は、個人情報を適切な管理体制のもとで適正に取扱います。

6.本学会は、収集した個人情報については機密性を保持するよう努めます。

7.本学会は、入会申込書に本基本方針を添付します。

付記
本学会は個人情報保護法の適用を受けるものではありませんが、個人情報保護の重要性に鑑み、個人情報保護基本方針をここに明文化するものです。


【役員】
こちらでは、役員についてご紹介しています。 

■2016年~2017年 役員 ※所属は2017年1月13日現在のものを掲載
特別顧問
銭谷眞美 東京国立博物館

常任顧問
小山忠弘 ふるさと再生塾
坂口順治 日本社会事業大学大学院
山本恒夫 筑波大学名誉教授、一般財団法人社会通信教育協会

会長
澤野由紀子 聖心女子大学

副会長
坂口緑 明治学院大学
清國祐二 香川大学

事務局長
青山鉄兵 文教大学

事務局次長

理事(〇は常任理事)
〇青木康太朗 国立青少年教育推進機構
〇青山鉄兵 文教大学
〇浅井経子 八洲学園大学
阿部耕也 静岡大学
伊藤真木子 常磐大学
〇伊藤康志 静岡大学
大島まな 九州女子大学
〇岡田正彦 大分大学
〇小川誠子 日本ワークライフバランス推進・研究機構
〇加藤かおり 帝京大学
神部純一 滋賀大学
清國祐二 香川大学
熊谷慎之輔 岡山大学大学院
〇坂井知志 常磐大学
〇坂口 緑 明治学院大学
佐久間章 札幌国際大学
〇桜庭望 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
〇澤野由紀子 聖心女子大学
〇志々田まなみ 広島経済大学
〇渋谷英章 東京学芸大学
〇仲野 寛 島根大学
原 義彦 秋田大学
〇船木茂人 国立科学博物館
真柄正幸 新潟市アグリパーク
〇松永由弥子 静岡産業大学
〇松橋義樹 国立青少年教育振興機構
〇薬袋秀樹 筑波大学名誉教授
〇柳田雅明 青山学院大学
〇山川肖美 広島修道大学
〇山本和人 東京家政大学
〇吉田広毅 常葉大学
〇渡部 徹 国立教育政策研究所社会教育実践研究センター

大会理事
二宮伸司 国立教育政策研究所社会教育実践研究センター

評議員
青柳英治 明治大学
天野かおり 下関市立大学
池本美香 日本総合研究所
稲葉 隆 東京都立中央図書館
井上講四 教育協働研究所
井上昌幸 栃木県教育委員会事務局
今西幸蔵 神戸学院大学
岩崎久美子 放送大学
馬居政幸 静岡大学名誉教授、UER-Labo
工藤朝博 士別市立多寄中学校
桑村佐和子 金沢美術工芸大学
小池茂子 聖学院大学
鈴木眞理 青山学院大学
林 幸克 明治大学
望月厚志 茨城大学
山田 誠 愛媛大学
渡部靖之 青森県教育庁

会計監事
秋山美和子 高崎市市民活動センター
毛利るみこ 国立教育政策研究社会教育実践研究センター

幹事
市川恵理 国立青少年教育振興機構
市川重彦 国立教育政策研究社会教育実践研究センター
尾山清龍 国立教育政策研究社会教育実践研究センター
佐藤裕紀 新潟医療福祉大学
下山佳那子 八洲学園大学
八田友和 兵庫教育大学大学院
春田和男 東京家政大学

日本生涯教育学会事務局 TEL 03-5937-0062

年別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 日本生涯教育学会 All Rights Reserved.